ラピッドテレコムのお客様・取引先様 Site

Emotet対策 ラピッドテレコムの提案

猛威を振るっているEmotetですが、フーバーブレインの営業の方が、
教えてくれました。

・Gmailは、Emotetをgmail側で防いでくれるので、普通は被害がない。
 ただ潜り抜けてくるパターンもなくはないので、万全というわけではない。
 でも、ラピッドテレコムで使っていても、世間を騒がすようなことがあっても、
 gmailでメールを利用していて、危機となった経験もないので、やっぱGmailが一押し。

・EX Anti Malwareは、ラピッドテレコムで利用しているV6では、Emotetは防げない。
 ATC(振る舞い検知機能)という機能がついたV7最新版では、防げる。
 サクサはV7だが最新版ではなく、Emotetをまだ防げない。でも対応する予定と。

・Check PointのUTMとセット販売しているモデルには、V7が付属する。

 USAV(UTMとセットなのでUSAV、以前ラピッドテレコムでも扱っていたYSAVはヤマハのファイヤーウォールとセット)
 https://www.fuva-brain.co.jp/products_services/usav_ysav/

 サクサのSS5000はボロイといわれているとか。
 Emotetに対応していますか?と聞いても、 
  暗号化されたファイルはスルーしてしまうのでと仕方のない事とサクサも説明するのみ、
 EX Anti MalwareV7に頼るしかない。

 USAV単体だと同じだが、オプションでサンドボックスという機能がある。
 これをつかえばサンドボックス内でファイルを一回展開することによって、
 Emotetも防げる。この機能でUTMでも防ぎ、EX Anti MalwareV7でも防ぎ、
 ダブルにEmotetを防ぐことができる。

 以前のPASOLOG簡易版も、Eye247と名前が変わったが、無料でついてくるのも良い。

 玉に傷な点は、フーバーブレインのサポートセンターが、
 V6ユーザーでEmotetに感染したお客様対応で、いま数時間待ちとなっているそう。

 *10台以下版だと、ナカヨ製の方が安いとのこと。