ラピッドテレコムのお客様・取引先様 Site

ヤマハNVR510とひかり電話直収のMOT/PBX併用パターンのNV510の設定方法

*標準的な設定は、下記の通りですが、各設置先に合わせて、適宜変更が必要であれば、調整してください。


[00]NVR510かんたん設定ページへのログイン
——————————————————————————

1.NVR510のWANポートとWAN側のLANケーブルを接続

2.NVR510のLANポートとPCをLANケーブルで接続

3.NVR510の電源スイッチを入れる

4.PCのブラウザを起動

5.ブラウザのアドレスバーに下記の値を入力しEnter
http://192.168.100.1

6.ユーザ名とパスワードの入力画面が表示されるが何も入力せずEnter

7.NVR510 のページが表示されることを確認

[01]プロバイダの設定
——————————————————————————

1.TOPメニューの「かんたん設定 プロバイダー接続」をクリック

2.「新規作成 新規」をクリック

3.「インターフェースの選択 WAN」を選択し「次へ」をクリック 回線自動判別
  PPPoE接続 を選択、次へ 

4.プロバイダー情報のユーザIDと接続パスワードを入力し「次へ」をクリック 
*IPV4のプロバイダーが必要で、スマフォ内線を外部で利用するなら、固定IP1以上が必要です。
  
5.「DNSサーバーアドレスを指定しない、またはプロバイダから自動取得」を選択し「次へ」をクリック

6. IPフィルターの設定で、設定しない

7. 設定内容が間違いがないことを確認し、「設定の確定」をクリック

8. 設定の一覧 接続状態で接続されている表示を確認

[02]LAN設定・日付・パスワード
——————————————————————————

1.TOPメニューの「基本設定 LANアドレス」をクリック

2.「IPv4アドレス」  例:

  IPアドレス:192.168.10.1
  サブネットマスク:255.255.255.0  
  ☑LANアドレスに関連する設定~  
  *実際の現場の指定に合わせてください
  次へ 設定の確定

3.クライアントPCのコマンドプロンプトにて以下のコマンドを実行し、新しいIPアドレスを取得
 ipconfig /release
 ipconfig /renew

4.ブラウザに指定したIPアドレスを入力してアクセス

5.「詳細設定 DHCPサーバー」
 識別番号とIPアドレスの割り当て範囲を入力しサブネットマスクを選択する。
  例:
  識別番号1の「スコープの削除」にチェック
  「識別番号」の空欄に「2」を入力
  「IPアドレスの割り当て範囲」に「192.168.10.2」~「192.168.10.50」を入力
  「ネットマスクビット数」に「255.255.255.0 (24ビット)」を選択   
  *実際の現場の指定に合わせてください
  設定確定

6.「基本設定 日付と時刻」
  日付と時刻の設定 日時の同期 毎月1日 等、同期はされるように

7. 「基本設定 管理パスワード」
  パスワードの設定 指定されたパスワードにするなど(Chrome の場合)  暗号化する
  登録すると、パスワードも求められる

8.「管理 アクセス管理 ユーザー設定」
 ユーザー設定 ユーザー名なし 設定をクリック

 7と同じパスワードを登録 (変えてもいい)

[03]IPマスカレードの設定
——————————————————————————

NVR510経由でMOT/PBXに接続するためにIPマスカレードの設定が必要である。

NVR510のグローバルIPに下記ポートで接続があった場合
MOT/PBXにIPマスカレードする。

 TCPプロトコル
  5060,5061,18080,22
 UDPプロトコル
  5060,5069,53000-53399,20000-20400,3478,3479,5210,6060

1.TOPメニューの「詳細設定 NAT」をクリック

2.「基本設定・VPN設定・LAN間接続の設定」の「基本接続の詳細な設定」の[設定]をクリック

3. はじめから登録されている、NATディスクリプター番号 1000 設定をクリック

4.下の方の「静的IPマスカレードの設定」で三角をクリック
 識別番号 1  内側アドレス→ルータのアドレス プロトコル→TCP ポート番号→80

 +で追加

 識別番号 2  内側アドレス→MOT/PBXのLAN側アドレス  プロトコル→TCP  ポート番号→ 5060,5061,18080,22

 識別番号 3  内側アドレス→MOT/PBXのLAN側アドレス プロトコル→UDP  ポート番号→5060,5069,53000-53399,20000-20400,3478,3479,5210,6060

 確認 設定更新で、はい 入力の内容で確認し、設定の確定

[04]リモートアクセスの設定
—————————————————————————— 
1.「管理 アクセス管理 各種サーバーの設定」の
 Web GUIへのアクセス許可 設定

 指定したインターフェース/IPアドレスのみ許可する に☑ 
☑LAN ☑IPアドレスに、メンテにつかう固定IPアドレスを入力する

 ラピッドテレコムの様に2つの回線を使っている場合は、間にスペースをあけて、2つのIPを登録する。

 *ラピッドテレコム技術部よりサポートを受ける場合は、下記の2つのアドレスを登録しておいてください。  
    222.229.226.229 152.165.113.164

 2.TELNETを使用したアクセス

 TELNETサーバーの使用 使用するに☑
 1と同様に設定する

  以上がNVR510の設定である

発行者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社ラピッドテレコム